安眠枕の人気ランキングTOP>睡眠・安眠枕の基礎知識>睡眠のための運動をする

睡眠のための運動をする

良く運動して体を疲れさせれば、ぐっすり寝られると言われていますが、
果たしてそうでしょうか。
確かに普通の方だと、それで寝られるかもしれません。

しかし、不眠症の方が運動して体を疲れさせれば寝られるかと言われれば眠れません。
現に毎日激しいトレーニングをしているスポーツ選手でも不眠症の方は沢山います。

そもそもスポーツ選手の運動と健康のための運動とは違います。

健康のために運動とは最も軽い適度なもので良いのです。
例えば、家の掃除をする、一駅多く歩く、車ではなく自転車を使うなどです。
普段よりも、ほんの少しだけ動いたという感覚で良いのです。

もちろんそれだけ不眠症が治るわけではありません。
当サイトで紹介したように、安眠を取るためには、
「安眠枕を使う」「正しい呼吸と寝姿勢」
そして、ここで紹介したような健康のための「適度な運動」が必要になるのです。

決して、すぐ行動してすぐに不眠症が治るとは言えませんが、
そうした事を毎日意識して続ける事で、それが癖になり、
いつのまにか不眠症が治っていきます。

どんなことでもそうでしが、本当に大切なことは続ける事です。
すぐに何かを変えて、すぐに改善できるような事なら、
そこまで悩んではいないはずです。

その第一段階としてまずは、質の良い安眠枕に変える事です。
安眠枕にすることで、意識すれば自然と正しい呼吸と寝姿勢になり、
そこに適度な運動を加えれば、不眠症改善になります。

一気に変えようとすると面倒になりますが、一つずつ変えるとそれが自然になってきます。

六角脳枕
安眠度NO1
第2位 キセキノ枕プレミアム
整体師さんが開発

第3位 お医者さんのぐっすりまくら
医師が開発