安眠枕の人気ランキングTOP>睡眠・安眠枕の基礎知識>寝ている時の基本は鼻呼吸

寝ている時の基本は鼻呼吸

眠る時、どのような呼吸をしているのか考えた事はあるでしょうか。
多分そんな事を考えて眠る方は少ないと思います。

しかし、呼吸は物凄く大切です。
例えば、精神的に不安定になっているとき、
呼吸が浅く乱れることは経験したことがあると思います。

呼吸が浅いと、肺の中に汚れた二酸化炭素が残り、血液の循環を低下させ、
からだ全体の機能を衰えさせる事になります。
眠るときも同じで、正しく整った呼吸をする必要があるのです。

もちろん、寝ているときは呼吸を意識する事はできません。
ただ眠る前から、整った呼吸を意識することで、
寝ているときも自然とその呼吸になっていきます。

ここで重要なのは、鼻で呼吸することです。
多分、無意識の内に口で呼吸してしまっている方が多いと思うのですが、
口で呼吸すると、口の中が乾き、喉がヒリヒリしてしまいます。
皆さんの中にも経験した事のある方がいるのではないでしょうか。
そして、それが続くと、ドライマウス、歯周病、偏頭痛になることもあります。

また、もっと怖いのは、空気中のカビやダニが口の中に入ってしまうことです。

良く家は空気清浄機などを使い気を使っているので問題ないという方がいますが、
完全に除去することは出来ません。

寝ているときは無防備ですので口で呼吸していると、
ダニやカビ、雑菌が体内に入り、血中に取り込まれて全身に運ばれていきます。

対して鼻で呼吸していると、
粘膜や鼻毛がカバーしてくれ、鼻水として洗い流してくれます。
その上、入ってくる空気に適度な湿度は与え、口や喉の渇きも防いでくれます。

ある方の話だと、アトピーや喘息の方のほとんどは
口で呼吸して寝ている方が多いようですので、
それだけ鼻呼吸は大切なのです。

ですから、普段から出来るだけ鼻呼吸を意識して、
眠っている時も鼻呼吸になるようにして下さい。
口呼吸は百害あって一理なしです。

六角脳枕
安眠度NO1
第2位 キセキノ枕プレミアム
整体師さんが開発

第3位 お医者さんのぐっすりまくら
医師が開発