安眠枕の人気ランキングTOP>睡眠・安眠枕の基礎知識>安眠枕の選び方

安眠枕の選び方

安眠できる枕を探す上で重要なのは枕選びです。
一応当サイトで紹介している枕は、
誰が使ってもある程度安眠できる枕を紹介していますが、
正しい枕選びを知っておくことに越した事はありません。
当サイトで紹介している枕以外で選びたい方は、
これから紹介する安眠枕の選び方を是非参考にして下さい。

高さ

枕を選ぶ上で重要なのはまず高さです。
理想的な高さは、仰向けに寝たときに顎下にしわがよらない程度です。
もししわが出たらあなたに取って高い事を意味します。

高すぎる枕を使うと、口呼吸になり決して良くありません。
(寝ているときは鼻呼吸が基本)
逆に低すぎる枕は仰向けに眠るとつっぱり感がでて、
息苦しさを感じ、これも口呼吸になる原因になります。

もし、あなたが現在高すぎたり、低すぎたりする枕を使っていて、
ちょうど良い高さの枕に変えると、
若干違和感がでる可能性もありますが、そこは慣れてください。
正しい頭の位置で眠れる枕は重要です。

硬さ

柔らかい枕を好む方がいますが、ある程度硬さは必要です。
特に気をつけてほしいのは、首や肩が痛いと感じている方です。
首や肩が痛いと柔らかい枕を選ぶ傾向にありますが、
柔らかい枕だと長時間同じ姿勢を保つため、逆に体の痛みを引き起こしてしまいます。
その点硬い枕は寝返りしやすく、頻繁に姿勢を変えるので、
体の負担が一点に集中しないのです。

枕を選ぶ際は、ついつい自分が寝やすい柔らかい枕を選びがちですが、
居心地が良いからといって、体に良いわけではありません。
はじめは違和感が多少ありますが、ある程度硬い枕を選ぶ事は、
体に負担のかからない安眠するコツともいえます。

通気性

通気性がよい事はとても重要です。
通気性が悪いと蒸れてしまい、ダニや雑菌などが繁殖し、アレルギーに繋がりますし、
蒸れてしまうと枕の温度が下がり、睡眠頭の温度も急に下がることになり、
夜中すぐに起きてしまう芸人にもなります。
干したり、洗ったりすれば良いといいますが、毎日それをするのは大変ですし、手間もかかります。

通気性の良い枕なら、たまにほし、枕カバーを洗えば良いので
かなりらくになります。

六角脳枕
安眠度NO1
第2位 キセキノ枕プレミアム
整体師さんが開発

第3位 お医者さんのぐっすりまくら
医師が開発